1年目のお悩み解決

【現役8年目ナースが解説】新人看護師が独り立ちできない原因4選と解決策。

  • 私だけ独り立ちできなくて不安。
  • 独り立ちできる実力をつけたい。
  • できるだけ早く独り立ちしたい。

今回は、こんな悩みにお答えします。

独り立ちできずに悩む一方で、

「時間が経てば、いつか独り立ちできるだろう」と考え、

何の対策も取らずに働き続ける1年目さんは多いです。

しかし、その考えは危険。

うまく成長できずに、なかなか独り立ちできない可能性が高いです。

そこで今回は、新人教育を5年以上も担当している僕が、

  • 新人看護師が独り立ちできない原因4選と解決策。

について解説します。

この記事を読めば、

新人看護師が独り立ちするために必要なポイントが理解でき、最短で独り立ちすることができます。

数多くの新人看護師をサポートする中で培ってきた「1年目さんが独り立ちするためのノウハウやコツ」を凝縮しました。

たぐもち

うまく独り立ちできずに悩む1年目さんは、最後まで読んでくださいね。

はじめに:新人看護師の独り立ちの基準とは?

本記事が定義する「独り立ち」とは、

フォローが外れ、何かあればリーダーに相談する形で働くこと。

多くの施設では、6〜9月ごろまでには、

この基準を満たして、「独り立ち」とする場合が多いです。

たぐもち

今回は、この基準をもとにして、お話しさせてもらいますね。

新人看護師が独り立ちできない真の理由は?

新人看護師が独り立ちできない真の理由は、

「まだ、仕事を任せられない」

と思われているから。

先輩たちは、

まだアセスメントを補う必要があるな。

見ていてあげないと重大なミスを起こしてしまうかも…!

業務が終わらないだろうから放っておけない。

のように、常に新人を評価しています。

その結果として、

「まだ仕事を任せられないな」と思う新人に対しては、独り立ちの許可を出しません。
(意地悪ではなく、新人を守るためです。)

たぐもち

取り返しのつかない事態を招いてしまった時に、1年目さんに責任を負わせる訳にはいかないですからね。

そのため、独り立ちするためには、

実力をつけて、先輩からの信頼を得ることが必要になります。

先輩から

  • この子は安全に業務を進められる。
  • 仕事を任せても大丈夫だな。

と思ってもらえればOKですよ!

新人看護師が独り立ちできない原因4選と解決方法

新人看護師が独り立ちできない原因は以下の4つです。

  1. 報告・連絡・相談ができない。
  2. 業務の抜けが多い。
  3. 勉強不足。
  4. うまく仕事を回せない。

この特徴に当てはまる人は要注意。

先輩から「まだ独り立ちは許可できない」と思われやすいです。
(1つでも欠けると、安全に業務を進められない項目ばかりなので!)

逆に言えば…

この4つの問題さえ解決できれば、

仕事を任せても大丈夫」と思われるから、独り立ちすることができますよ。

たぐもち

4つの問題の詳細と解決方法について解説しますね!

1年目ナース

めざせ独り立ち!

①報告・連絡・相談ができない

先輩ナースの立場からすると、

報告・連絡・相談がない新人さんほど怖いものはありません。

なぜなら、患者の状態をタイムリーに把握できないから。

先輩ナース

患者の状態がわからないから、適切な助言ができない…!

それが原因で、患者の命を危険にさらす可能性もあるため、

独り立ちを許可することができません。

1年目ナース

報告・連絡・相談って思った以上に大切なんですね。

どうすれば、できるようになりますか?

うまく報告・連絡・相談するためのポイントは以下の2つ。

  • 報告するタイミングを決めておく。
  • トラブルが起きたら「早急に」報告・連絡・相談する。

簡単に解説します。

報告するタイミングを決めておく。

報告抜けをなくすためにも、報告するタイミングを決めておくのがおすすめです。

タイミングは、時間で決めてOK。

例えば「11時・14時・16時」に報告すると決めておくことで、

  • 報告が後回しにならない。
  • 報告のための時間を意識して作れる。

というメリットがあります。

たぐもち

業務に追われてうまく報告できなかった…

ということが無くなりますよ。

トラブルが起きたら「早急に」報告・連絡・相談する。

トラブルが起きた時に、「自分で何とかしよう」とする1年目さんは多いですが、本当に危険です。

なぜなら、対処方法を間違えると、余計に状況が悪化する場合があるから。

トラブルが起きたら、即座に対応することも大切ですが、

知識の浅い1年目のうちは、「早急に」報告・連絡・相談することをおすすめします。

たぐもち

先輩の立場からすると、自分で対処するより、すぐに報告してくれる方が助かりますよ。

うまく報告・連絡・相談ができれば、安心して業務を任せてもらえます。

ぜひ、実践してみてください。

②業務の抜けが多い

業務の抜けが多いと、

「大事な処置や点滴を見逃すかもしれない」と思われて、

独り立ちすることができません。

先輩ナース

必要な処置が抜けると困る…!!

まだフォローしておかないとダメだな。

こう思われないためには、

業務の抜けをできるだけ減らすことが本当に重要です。

業務の抜けを最小限にするためのポイントは以下の通り。

  • タイマーをかける。
  • 付箋にメモして、目に見える場所に貼る。

簡単に解説します。

タイマーをかける

看護師は毎日激務です。

1分1秒も無駄にできませんよね。

業務に追われて焦っている時って本当に抜けが起きやすいです。

「このくらい、頭で覚えておけるだろう」

と思っていても、つい忘れてしまうもの…

それを防ぐためにも、

予定が入ったら、すぐにタイマーをセットしましょう。

3秒もあればセットできるので、簡単に実践できますよ。

たぐもち

タイマーは本当に便利。

「あ…。14時の点滴忘れてた!!!」

という「抜け」が本当になくなりますよ。

付箋にメモして、目に見える場所に貼る

新たに業務が増えたときに、メモをすることは大切ですが、

ただメモするだけだと、結局忘れてしまうことも多いです。

たぐもち

多忙な中で急いでメモをとると、

どこにメモしたか分からなくなったり、書いた字が目に入らなかったりしますよね。

それを防ぐためにも、メモは「付箋」にとるのがおすすめ。

書いてそのまま、目につく場所に貼っておけば、

業務の抜けが激減しますよ。

たぐもち

僕の場合は、パソコンやワークシートに付箋を貼っていますよ。

簡単な工夫で業務の抜けを減らして、先輩からの信頼を集めましょう。

③アセスメント力が低い

アセスメント力が低いと、

「患者の異変に気付けないから、任せられない」

と思われて、独り立ちできません。

たぐもち

患者の異変に気付けないと、報告すらできませんからね…

アセスメント力を上げるためのポイントは以下の通り。

  • とにかく勉強する。
  • 先輩のアセスメントを参考にする。

簡単に解説します。

とにかく勉強する。

アセスメント力を高めるためには「勉強」が必須です。

なぜなら、良質なアセスメントをするためには、

「正常な値や経過」を知っておく必要があるから。

たぐもち

「正常」を知らないと、「異常」を見つけることはできません。

そのため、

血液検査の正常値や、治療ごとの正常な経過

を中心に、しっかり勉強しておきましょう。

先輩ナースのアセスメントを参考にする。

先輩ナースのアセスメントは新人に比べて質が高いです。

そのため、患者の症状についてどのようにアセスメントし、どう対応したのかを聞いてみるのがおすすめ。

「こう考えればいい」というコツを知るヒントになりますよ。

たぐもち

自分のアセスメントを先輩ナースに見てもらうのもおすすめです!

違う角度から、良い意見をもらえることも多いですよ。

アセスメント力を身につけるのは、本当に難しいですが…

自分のできる範囲でいいので、力をつけておきましょう。

④業務をうまく回せない

業務をうまく回せないことも、独り立ちできない大きな原因となります。

なぜなら、

「今の業務量で精一杯なのに、さらに負荷をかけるわけにはいかない」

と、思われるから。

たぐもち

過剰に負荷をかけることで、ミスが増えたり、仕事が辛くなるのを先輩たちは分かっています。

そのため、独り立ちするためには、

今与えられている業務量なら、難なく回せるだろう。

と、思ってもらう必要があります。

業務をうまく回すためのポイントは以下の通り。

  • 多重課題を作らない。
  • 明日受け持つ患者のイベントをチェックしておく。

それぞれについて解説します。

多重課題を作らない

行動計画を立てる時点で、

「予測できる業務」が被らないように調整しておくと、

うまく業務を回すことができますよ。

簡単な例

10時の予定に

受け持ち患者A:オペ出し
受け持ち患者B:点滴更新
受け持ち患者C:清拭

があるなら、

患者Aの「オペ出し」を
10時に実施するために、

患者Bの「点滴更新」を9:45にずらし、
患者Cの「清拭」を
オペ出しをした後に実施する。

実際の現場だと、予測できない業務(トイレコール、点滴漏れなど)もあるので要注意。

余裕のある計画を立てることを心がけましょう。

それでも業務が回らないなら、他のスタッフに助けを求めるのがおすすめです。

たぐもち

自分1人で無理に解決しようとするのはNG!

事故を引き起こす原因になりますよ。

明日受け持つ患者のイベントをチェックしておく

業務をうまく回せない大きな原因として

「初めての処置・検査に遭遇して戸惑う」

ことが、ありますよね。

対処しきれず困るだけでなくパニックになり、

いつもなら出来ることも、できなくなってしまいます。

この状態を避けるためにも、

明日受け持つ患者のイベント(処置・検査など)をチェックし、事前学習しておきましょう。

そうすれば、うまく業務を回すことができますよ。

たぐもち

「分からない」・「できない」を減らしておけば、スムーズに業務を進める事ができます。

難しいとは思いますが…

多重課題をうまく攻略して、テキパキと仕事をこなしていきましょう。

うまく業務を回すための方法は、下記の記事で詳しく解説していますよ!

独り立ちできる可能性を高めるために意識すべきこと

1年目ナース

どうしても独り立ちしたいんです。

独り立ちするために、他にもできることはありませんか?

そう考えるあなたは、

以下の3点を意識することをおすすめします。

  1. 同期と比べない。
  2. 先輩と良好な関係を築いておく。
  3. 前向きな姿を見せる。

これらを意識するだけで、

  • 自分のペースで確実に成長できる。
  • 周りから「独り立ち」を認められやすい。

というメリットがありますよ。

たぐもち

それぞれについて解説します!

①同期と比べない。

独り立ちするためには、

同期と比べない」ことが意外と大切。

なぜなら同期と比べて落ち込んでしまうと、

気持ちが乱され、自分のペースでうまく成長できないから。

たぐもち

うまく成長できずにいると、

独り立ちがどんどん遠のいてしまします。

他人と自分の実力を比べても、全く意味はありません。

比べるなら過去の自分。

「昨日の自分より、今日の自分が成長できること」

を意識しながら、確実に前に進みましょう。

同期との比較をどうしても辞められない人は、下記の記事を参考にしてくださいね。

②先輩と良好な関係を築いておく。

うまく独り立ちするためには、

先輩と良好な関係を築いておくことも重要です。

なぜなら、

先輩と仲良くできれば、いろいろと有利に事を運ぶことができるから。

先輩と仲良くするメリット
  • 質問しやすい。
  • 困った時に助けてくれる。
  • 勉強を教えてくれる。

人付き合いが苦手な人にとっては、理不尽だと思うかもしれないけど…

先輩に可愛がられた時点で勝ち。

ということも多いです。

逆に、一度「ダメなレッテル」を貼られると、

独り立ちが難しくなるので、本当に注意していきましょう。

先輩との関わり方に悩む1年目さんは、下記の記事も参考にしてくださいね。

③前向きな姿を見せる。

独り立ちするためには、

先輩に「前向きな姿を見せる」ことも大切です。

なぜなら、

ひたむきに努力している1年目さん見ると、

期待したくなるし、
応援したくなるし、
信頼したくなるから。

実力以外の部分でも、独り立ちが認められることもあるので、

試してみる価値はありますよ!

どうしても独り立ちできない人は「転職」も考慮すべき

1年目ナース

どれだけ頑張っても独り立ちできません。

もう、どうすればいいか分からない!!

こんな気持ちを抱える1年目さんも多いはず…

現実問題として、

自分のできることを全てやっても、独り立ちできない場合もあります。

そんな時に考えて欲しいのは、

本当に今の職場が自分に合っているのか

ということです。

なぜなら、環境のせいで独り立ちできていない可能性があるから。

環境が独り立ちを妨げるケース
  • 悪いレッテルを貼られてしまい、実力が正当に認められていない。
  • 職場環境がキツすぎて、身の丈に合っていない。

こういったケースでは、いくら頑張っても独り立ちできないことが多いです。

1年目ナース

いつまで経っても独り立ちできないのは辛いです。

どうすれば良いですか…?

環境が独り立ちを妨げていると感じたなら、

一度、転職を考えてみる

ことをおすすめします。

転職のメリット
  1. 一気に悪いレッテルを剥がせる。
    ⇨実力を正当に見てくれる。
  2. 実力にあった環境で働ける。
    ⇨キャパオーバーせず、自分の力を発揮できる。

独り立ちできずに悩んでいた僕の同期も、

転職することで、すぐに独り立ちできました。

友人A

ずっと「できない子」と言われて、夜勤に入らせてもらえなかったけど、転職したら1ヶ月後には夜勤に入ることができました。

友人B

3年間フォローが外れず、ずっと「フリー業務」をしていましたが、転職したらすぐに独り立ちできました。

このように、環境が変わるだけでも、一気に評価が上がることはあります。

(もちろん努力は必要ですが…!)

そのため、

全力で努力しているにも関わらず、うまく独り立ちできない人は、ぜひ転職を考慮してみてくださいね。

1年目でも転職に成功するための方法は、この記事にまとめています。

病棟の激務に疲れた人は下記の記事を参考にしてください。

転職サイトを利用して「楽に」転職したいなら、下記の記事がおすすめですよ。

とりあえず情報収集だけでも始めるなら、「看護roo!転職サポート」「レバウェル看護」を利用してください。

あなたに「合う」職場をたくさん提案してくれますよ。

1年目の転職を全力でサポート

完全無料。満足できなければすぐに退会OK

あなたに「合う」職場を提案します

完全無料。情報収集だけでもOK!

まとめ:独り立ちして看護師としての自信をつけよう

ここまで、うまく独り立ちできずに苦しむあなたが「最短で独り立ち」するための方法について解説してきました。

独り立ちできれば、自信がつきます。

自信がつけば、日々の看護も少し楽しくなりますよ。

そのための第一歩として、

まずは本記事に書いた方法を実践してみてくださいね。

たぐもち

看護師としての自分をもっと好きになれると思います。

この記事が「独り立ちできない」と悩む1年目さんの助けになれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

どうしても頑張れずに「辞めたい。」と悩む1年目さんは、下記の記事を読んでみてくださいね。

看護師1年目だけど辞めたいあなたは逃げ道をつくるべき【苦しまないで】「本当はもう辞めたい…」と悩む看護師1年目さんは必見!この記事では、1年目だけど看護師を辞めたい時の対処法について解説します。実は、自分の中で「逃げ道」を作るだけで、辛い毎日が一変します。この記事を読めば、辞めたい気持ちをもったままでも現状を良くできる方法が分かります。...

辛い1年目を乗り切るために必要な「逃げ道」の作り方を解説していますよ。

ブログランキング参加中!
タップで応援してね!

にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ